売却の方法

白い一戸建てと木

不動産を売却する場合、一番理想的なのは、できるだけ高値で、できるだけ高く売ることです。では、実際にそのようなことは可能でしょうか。結論的には難しいです。 通常、不動産を売却するには2つ方法があります。一つが不動産会社に売却をすることです。この場合は不動産会社が買い取ってくれれば契約成立ということになります。この場合は、ローンもありませんし、すぐに売買契約を決定することができます。ですが、不動産会社は高値で買い取ってくれません。 これに対して、不動産会社に売却の仲介をしてもらうという方法もあります。この場合は、高く売れますが何ぶん時間がかかります。その理由は買主を探すのにとても時間がかかるからです。

不動産の買主の立場に立ってみれば自ずと時間がかかる理由がわかります。買主は物件を購入するときにすべてキャッシュで購入する人はそれほど多くあありません。それよりもローンを組んで購入することのほうが多いのではないでしょうか。買主に買う気持ちがあったとしてもローンを組むことができなかったという問題もあり、そうなるとそもそも売買契約自体が成立しません。 売主としても物件を売る場合に、その物件に住んでいたとしたら引っ越しをしなければなりませんが、買主がいつ決まるかわからない状態だと自分たちの引っ越しのタイミングも掴むことができません。ですので、結局時期を早めに売るには安く設定して買主の幅を広げるしかないのです。