住まい選び

国旗と一戸建て

住まいの種類としてはアパート、マンション、一戸建てと大きく分けて3つあります。 一戸建てを検討する方はマンションと悩む方が多いと思いますが、自分の生活パターンを振り返りどちらが自分に合っているかを考えることが重要です。マンションは一戸建てに比べ狭くなることが多いですが、アクセスがよくセキュリティや宅配サービス等付随サービスが多いです。 一戸建てはマンションに比べ駅から遠くなることが多いですが、庭や駐車場などが確保できることが多いです。駅を利用することが多く、家の広さよりもセキュリティや利便性を重視されたい方はマンションがおすすめです。逆に駐車スペースをある程度確保したい方や家庭菜園などが趣味の方、ある程度の広さを家に求める方は一戸建てがおすすめです。 ここで資産として家を考えることが多いですが、人口減少の今住宅需要は飽和状態にあります。住宅の価値は今後目減りする一方です。そんな中、住宅を資産運用として考える前に自分がよりよい生活ができる家を選ぶことが重要です。

一戸建ては、企業にとって今の状況のままだと非常に辛い状況です。 そのため今後は、一戸建ての金額面では、消費税UP前に消費税UP分の価格ぐらいは一時的に下がると予測されます。また、一戸建ては、金額面以外にも質を重視した作りのものが多くなり、設備的に整った住宅の販売が進むと思われます。よって、設備面・金額面ともに消費者にとっては、ある意味買い時の傾向が続くと思われます。 企業にとって、消費税UPは非常に大きな痛手のため、消費税増税前の販売を強化するとともに一戸建ての価格、設備面での強化を図り消費者をつかみに行くと思われます。消費者にとっては選択肢が増えて、より良いもの、自分に合ったものを探すことができる状況になると思います。