代金の受け取り方

一戸建てと緑

 不動産を売る際にもっとも気をつけなければならないのは、売却代金をどのようにして受け取るかです。現在居住している土地と建物を売るのですから、新しい土地建物の頭金のために売る場合が大半だと思います。  売却はしたものの、代金は後で受け取るとか、分割して受け取るなどという形にすると、新しい不動産を購入することができません。まして、代金を受け取りそこなうこともあり得ます。不動産の売買は大きなお金が動きますから、相手方にどんなことが起こるかわかりません。何年もかかって分割して支払ってもらっていては、途中で支払いが滞るなどということは十分起こり得ることです。  そこで、土地建物を売る際の代金の受け取り方で注意すべき点を述べておきましょう。

 まず、売却代金は、土地建物の売却と引き換えに全額受け取ることです。  売却する不動産の登記までを相手方に移してしまうと、売却代金を受け取り損ねる場合があります。移転登記のときに一部を受け取り、あとは少しずつなどと考えていると、転売されて所有者が移転してしまったなどということもあり得ます。  登記を移転するときが、代金全額を受け取る最後のチャンスなのです。  また、不動産を売る際、売却代金を小切手や手形で受け取ってはいけません。全額を現金で受け取らなければなりません。小切手や手形というものは、相手方からすれば代金の支払いを先延ばしにしていることなのです。なまじ小切手や手形に関する知識があるとつい受け取ってしまいがちです。必ず現金で受け取ってください。